このサイトはプロモーションを含んでいます。

ウォールシェルフは穴を開けないで賃貸にも設置可能!アイデア3選♪

ウォールシェルフは、壁に穴を開けないで設置できるのかな…。

収納スペースを増やすために人気のウォールシェルフですが、壁に穴を開けて設置するものだと思っていませんか?

ウォールシェルフにはさまざまなタイプがあり、壁に穴を開けないで設置できるものもあるのです!

ねじや釘を使わないタイプを選べば、壁に穴を開けないですむため、賃貸でも壁に目立った傷を付けることがないので安心ですよね。

ウォールシェルフは限られた空間に収納スペースを作るだけでなく、インテリアを飾る場所としても人気です。

ただし、壁の材質や耐荷重など確認して正しく使わないと、ウォールシェルフが落下したり壁を傷つけたりする危険が出てきます。

DIYにおすすめの形状や無印良品のウォールシェルフなども紹介しているので参考にしてください♪

穴を開けずに設置できる無印良品のウォールシェルフは、シンプルな木目のデザインと種類の豊富さが魅力。

何を置くか考えながら商品を選んでみましょう♪

無印良品
¥2,490 (2024/05/22 14:58時点 | 楽天市場調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

ウォールシェルフは穴を開けないでもおしゃれ収納実現

壁に穴を開けないタイプのウォールシェルフを選ぶと、賃貸でも簡単に収納スペースを増やすことができます!

ウォールシェルフは収納だけでなく、写真やインテリアを飾るのにも最適で、殺風景な部屋も素敵な空間にできるのです。

今回は、穴を開けないで設置できるウォールシェルフを3つ紹介していきます。

  • 突っ張り棒タイプ
  • ホッチキスタイプ
  • ピンフックタイプ

ホッチキスタイプやピンフックタイプは小さな穴が開いてしまいますが、賃貸物件でも問題にならないくらいの小ささなので安心してください。

一方で、ねじタイプは大きな穴が開いてしまうので、退去時に費用を負担しなければならない可能性があります。

持ち家や穴が開いても問題とならない場合は良いですが、トラブルを避けるために賃貸物件での使用は控えましょう。

それでは、3つのタイプの特徴について紹介していきます!

突っ張り棒タイプは収納増加と部屋の仕切りに大活躍

突っ張り棒タイプは、天井と床に突っ張ることで設置できるタイプです。

壁に穴を開けないでウォールシェルフを作れて、突っ張れる場所があればどこでも設置できるのでおすすめですよ。

壁面に設置するだけでなく、部屋を仕切るパーテーションのように使うことも可能です。

ワンルームに住んでいると、キッチンと寝室の空間を仕切りたいなと思ったことはありませんか?

収納スペースができるだけでなく、目隠しとしても活用できるところが突っ張り棒タイプの魅力なのです!

ただし、壁掛けのウォールシェルフに比べて価格が高くサイズが大きい商品が多いため、設置するのに手間がかかるかもしれません。

あなた一人で設置するのが大変なら家族や友人に手伝ってもらうと、賃貸でも穴を開けずにウォールシェルフを設置できますよ♪

ホッチキスタイプは小さい穴で賃貸への設置も安心♪

ホッチキスタイプは、突っ張り棒を取り付けられなかったり、サイズが大きすぎて邪魔になったりする場合におすすめです。

普通のホッチキスや専用の針を使って壁に取り付けるため、穴が目立ちにくく、壁を傷つけたくない場合や、賃貸で穴を開けられない場合にぴったりですね。

ただし、重たいものには耐えられず、ウォールシェルフが壊れてしまう可能性があるので、耐荷重を確認してそれ以上のものは置かないようにしましょう。

また、壁が木材やコンクリートの場合は針が壁に刺さらずに使えない場合があります。

ウォールシェルフを設置する予定の壁が、石膏せっこうボードであることをあらかじめ確認しておきましょう。

ピンフックタイプは限られたスペースに取り付けやすい

ピンフックタイプは、画鋲がびょうよりも小さい穴のピンを使ってウォールシェルフを設置していくタイプです。

ピンを壁に差し込むだけで簡単に取り付けられるので、女性でも気軽にウォールシェルフを設置することができると人気になっています。

穴も画鋲より小さい穴なので、賃貸でも安心ですね。

ピンフックタイプは、石膏ボードに対応している商品が多く、コンクリートや木材の壁にはピンが差し込めない場合があります。

後から設置できなくて困ることの内容に、あらかじめ壁の材質や商品の特徴を確認しておきましょう。

ピンフックタイプはホッチキスタイプより耐荷重に優れているため、重たいものでも飾れる場合が多いです。

部屋に緑を取り入れるために、観葉植物などを置くのもおすすめですよ♪

ウォールシェルフは穴開けないDIYで本棚を増やそう!

ウォールシェルフにはいろいろな形状があり、穴開けないDIYなら賃貸でも収納やインテリアを飾る空間を増やせます。

今回は3つの形状について紹介するので、ウォールシェルフに何を置くか想像しながら読んでみてくださいね!

<棚型>
写真、観葉植物、本

<ラックタイプ>
雑誌、本、CD、洋服

<ボックスタイプ>
小物、人形、調味料、コスメ

使い方はいろいろあるので、今回紹介した限りではありませんが、それぞれ形の特徴を活かしておしゃれなDIYに挑戦してみましょう♪

棚型タイプには写真や観葉植物などインテリアを飾ろう

棚型タイプのウォールシェルフは、写真や観葉植物などインテリアを置くのにおすすめです。

棚板が付いているだけのシンプルな見た目はどんな部屋にも合わせやすく、穴開けないまま壁に設置できるものや部屋の隅に設置できるものまでさまざまです。

縁付きのウォールシェルフを選べば、新聞や雑誌を壁に立てかけておいても、落下しにくいので安心ですよね。

DIYによって、リビングだけでなくトイレや玄関などの狭い空間にも設置できますよ。

取り付け方も簡単なので、収納スペースを増やしたい場合や、インテリアを飾りたい場合は棚型タイプの商品がおすすめですよ♪

ラックタイプは本を並べたり洋服を収納したりできる!

ラックタイプはたくさん収納したい場合におすすめで、仕切りによって雑誌や本もスッキリ並べることができます。

壁一面を収納スペースとしてDIYすれば、本だけでなく洋服や鞄を片付けることも可能です!

壁に穴開けないで設置できる突っ張り棒タイプが多いため、賃貸でも安心して設置することができるでしょう。

棚板を取り付けてラックを増やせる商品など、収納したいものに合わせてカスタマイズできるものもありますよ♪

壁面に設置して収納スペースを増やしたり、部屋の仕切りとして本や洋服の収納に使ったりすると、見える収納としておしゃれな空間に早変わりです♪

ボックスタイプはデザイン豊富で小物を飾ると可愛い

ボックスタイプは、人形や植物など小物を飾るのに最適で、四角い箱型だけでなく丸かったり家の形をしていたりとデザイン豊富です。

中に何も飾らなくても、そのままでインテリアになるのも人気の理由ですね。

あなたの部屋に合わせてデザインやカラーを選べば、部屋の雰囲気を壊すことなくおしゃれなアクセントを加えることができますよ♪

さらに、ボックスタイプは上下左右が囲われているので、飾った小物もホコリを被りにくく、掃除も楽なのが嬉しいポイントです!

小物だけでなく、調味料やコスメなど見える収納として活用しても良いかもしれませんね。

ボックスタイプには扉が付いたものもあるので、中身を見せたくない場合も安心して収納することができますよ。

ウォールシェルフは穴開けない無印アイテムがおすすめ

ウォールシェルフを自分で取り付けるのは難しそう…。

ウォールシェルフは壁に穴開けないで簡単に取り付けられるので、DIYしたことがなかったり、ものを作ったりするのが苦手でも素敵な収納を作れますよ♪

また、ウォールシェルフを取り付ける時の注意点や、壁に穴を開けてしまった時の補修方法なども紹介しています。

取り付け方から取り外した後のことまで、この記事を読んでポイントを押さえておきましょう!

穴を開けずに設置できる無印良品のウォールシェルフは、おしゃれな収納スペースを手軽に作れるので人気となっています。

シンプルな木目のデザインで、棚型やボックスタイプなど種類も豊富なので、飾りたい小物や収納したいものに合わせて好きな形を選んでみましょう♪

無印良品
¥2,490 (2024/05/22 14:58時点 | 楽天市場調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

無印良品の棚は石膏壁に専用ピンで取り付けるだけ♪

簡単に取り付けられて、取り外した後も目立ちにくい小さな穴が残るだけなので、賃貸でも安心して設置できるのが無印良品のウォールシェルフです。

無印良品のウォールシェルフはピンタイプなので、取り付ける予定の壁が石膏ボードでなければ取り付けることはできません。

事前に壁の材質を確認してから、商品を購入するようにしてください。

取り付けガイドの手順に従えば、初めてでも簡単に設置することができるので、早速取り付け方を見てみましょう。

無印良品のウォールシェルフを取り付けよう
  • 手順①
    取り付けガイドを壁に貼る

    ウォールシェルフを取り付けたい場所に、取り付けガイドを水平に貼り付ける

  • 手順②
    専用フックを壁に取り付ける

    取り付け用ガイドの専用フック取り付け位置に合わせて、専用の固定ピンで取り付ける
    専用固定ピンはすべての穴に差し込む

  • 手順③
    家具本体を取り付ける

    ウォールシェルフを専用フックに引っ掛ける
    カチッと音がしたらロック完了

  • 手順④
    取り付け用ガイドを壁から外す

    破れないようにそっと壁から外す

設置した後に斜めにならないように、取り付けガイドを壁に貼る手順①が一番重要です。

離れた位置から確認したり、家族に見てもらったりしながら、水平か確認すると良いですよ。

場所や使い方に合わせて、あなたの部屋にぴったりの商品を見つけてみてください♪

ウォールシェルフを取り付ける時の注意点を2つ紹介

ウォールシェルフを穴開けないで取り付けるには、壁の材質や耐荷重など確認するべきポイントがいくつかあります。

ウォールシェルフを取り付ける時はこの2つに注意
  • 壁の材質を確認
  • 耐荷重を確認

正しい使い方や取り付け方をしないと、壁が傷ついたり、飾っていたものが壊れたりするので注意しましょう。

壁の材質を確認

ホッチキスタイプやピンフックタイプのウォールシェルフは、石膏ボードの壁に設置できる商品が多いです。

そのため、購入する前に部屋の壁は石膏ボードなのか確認しておく必要があります。

ピンを刺してみて、ピンの先に白い粉が付いていた場合は石膏ボードなので、迷った場合は確認してみましょう!

ピンが刺さらない場合は、コンクリートや木材である可能性があるため、壁の材質に左右されず穴開けないで設置できる突っ張り棒タイプがおすすめですよ。

耐荷重を確認

ウォールシェルフを設置する時は、具体的に何を収納するのか想定して選ぶ必要があります。

耐荷重を超えると、ウォールシェルフが外れてしまったり、壁が傷ついてしまったりするため注意しましょう。

ウォールシェルフが外れて、置いていたものが悪化すると、小物が壊れたり床に傷が付いたりと大変ですよね。

設置するもの別に耐荷重の目安を紹介するので、商品を選ぶ時の参考にしてください。

耐荷重設置するもの
2~3kg小物、化粧品、写真
5kg観葉植物、ルームフレグランス
10kg本、CD

大切なインテリアや収納していたものが落ちてしまわないように、あらかじめ確認しておきましょう。

壁に穴が開いた時でも安心!補修アイデアを2つ紹介♪

画鋲くらいの小さい穴であれば、基本的に賃貸物件でも問題にはなりません。

ただし、契約内容によっては、どれだけ小さい穴でも元の状態に戻す義務が発生する可能性があるので注意が必要です。

トラブルに発展しないように、契約内容の見直しや管理会社への確認をしておくと良いかもしれませんね。

万が一、穴を開けてしまったり、小さい穴でも気になったりする場合のために補修アイデアを2つ紹介していきます。

壁に開いた穴の補修方法
  • 穴埋めパテを使う
  • 木工用ボンドとティッシュで穴を埋める

間違えて壁に穴を開けてしまった場合でも、今回紹介する方法を使えば、どこに穴が開いていたのか分からないくらいしっかり補修できますよ♪

穴埋めパテ

100均でも購入できる穴埋めパテは、液剤を気になる穴に注入するだけで、跡形もなく穴を消し去ることができます!

クリーム状の柔らかいパテは、扱いやすいため簡単に補修することができるのでおすすめです。

ただし、穴埋めパテは白いものが多いので、壁と比較して色が浮かないか確認してから埋めると良いでしょう。

小さな穴でも複数あると、気になる可能性もあるので、穴埋めパテで補修してみてください♪

ボンドで修復

家にあるたった3つのもので、簡単に穴を埋められる方法を紹介します!

<用意するもの>
木工用ボンド・つまようじ・ティッシュ

  1. 穴にボンドを注入して、細くねじったティッシュをつまようじで穴に押し込む
  2. ①の工程を、2~3回繰り返す

難しい工程がないので簡単に修復できて完成度も高いので、穴が開いてしまった時には一度試してみてください♪

まとめ

  • 壁に穴を開けないタイプのウォールシェルフなら賃貸に設置することもできるため、収納スペースを広げてインテリアスペースを作れる
  • 突っ張り棒タイプは1つも穴を開けないで設置できるが、サイズが大きくて一人で設置するのは大変なので、家族や友人に手伝ってもらうと良い
  • ホッチキスタイプやピンフックタイプは画鋲よりも小さい穴なので、賃貸でも問題なく設置できる場合が多い
  • 壁に穴を開けないウォールシェルフの形状にはいろいろなタイプがあり、棚型・ラックタイプ・ボックスタイプの3タイプ別に特徴を紹介
  • 無印良品のウォールシェルフはピンフックタイプで、初めてでも取り付けガイドを見ながら簡単に設置できるのでおすすめ
  • ウォールシェルフを取り付ける時は、壁の材質や耐荷重を確認して、正しい取り付け方や使い方を守ることが大切
  • ホッチキスタイプやピンフックタイプは、石膏ボード専用のものが多いので、コンクリートや木材の壁への使用は注意する
  • 耐荷重を超えるものをウォールシェルフに置くと、ウォールシェルフが外れてしまったり、壁が傷ついてしまったりするため注意する
  • 壁に穴を開けてしまった場合は、穴埋めパテを使ったり、木工用ボンドなど家にあるものを使ったりすると跡形もなく補修することができる

穴を開けなくてもウォールシェルフを設置できるなら、限られた賃貸スペースでも収納を増やすことができるので便利ですよね!

ねじや釘を使わないとものを置いた時に不安定なイメージでしたが、細い針でも10kg程度までのものなら置くことができるので安心です。

収納スペースを増やしたい場合や、見せる収納を取り入れたい場合は、ウォールシェルフを設置してみてくださいね♪

穴を開けずに設置できる無印良品のウォールシェルフは、シンプルな木目のデザインと種類の豊富さが魅力なので、何を置くか考えながら商品を選んでみましょう♪

無印良品
¥2,490 (2024/05/22 14:58時点 | 楽天市場調べ)
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahoo!ショッピング

コメント

タイトルとURLをコピーしました